デバイスドライバーズ・セミナー

Windows汎用USBドライバ WinUSB実習セミナー

WinUSBはMicrosoftが提供する汎用USBドライバです。セミナではSH2A基板を使用した開発実習により、VC++とVC#からWinUSB経由でUSBデバイスを制御するアプリケーションの開発方法を学習します。

戻る
  テーマ アクティビティ
1 汎用USBドライバWinUSBとは?
(講義)
WinUSBに関する基礎知識を習得
2 WinUSBアプリケーション開発実習(VC++)(実習) VC++を使用したWinUSBアプリケーション開発手法を学習
3 WinUSBアプリケーション開発実習(VC#) (実習) VC#を使用したWinUSBアプリケーション開発手法を学習
4 まとめ・Q&A 全体のまとめ

◆受講者は各自のPCを持ち込んで頂いて実習が可能です。

◆受講者にはサンプル・コードとPDF版テキストを入れたUSBメモリ (4GB) を差し上げます。

◆セミナ実習ではインターフェース付録のSH-2Aボードを使用し、セミナ終了後はお持ち帰り頂けます。

◆実習で使用するノートPCには次のソフトウェアを事前にインストールお願いします。

使用するOSはWindows XP SP2以降 (32bit版) のインストールをお願いします。
64bit版をセミナでご利用になりたい方は、事前に seminar@devdrv.co.jp 宛にご連絡下さい。
実習は32bit版の利用を前提に進めます。

  1. WDK 7.1.0 (7600.16385.1)

    次のURLからGRMWDK_EN_7600_1.ISO を入手します。(MSDNでも同じものが入手できます)
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=36a2630f-5d56-43b5-b996-7633f2ec14ff

    入手したISOイメージはCD/DVDに焼くかマウントして、対象PCから読み込みます。
    ISOイメージ中のKitSetup.exe(通常は自動起動)を実行後、最低限以下の項目を選択(チェック)して、
    インストールを開始して下さい。

    次の画面でインストール先をC:\WinDDK\7600.16385.1\と確認しますので、 Cドライブの容量があれば変更せずに、そのままインストールを行って下さい。 ライセンス確認後しばらくすると「Finish」の表示でインストールが完了します。

  2. VC++ 2010 Express (Visual Studioも可)

    http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/ の中央左の Visual C++ 2010 Express の項目から、 Web インストール (ダウンロード)を選択して実行します。(オフライン・インストールでインストールしても構いません)
    インストール・オプションで表示されるSQL Serverは、今回の実習では 使用しないので選択しません。

  3. VC# 2010 Express (Visual Studioも可)

    http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/ の上部右の Visual C# 2010 Express の項目から、 Web インストール (ダウンロード)を選択して実行します。(オフライン・インストールでインストールしても構いません)
    インストール・オプションで表示されるSQL Serverは、今回の実習では 使用しないので選択しません。

■ご注意: VC++/VC# は2008 SP1も利用可能ですが、実習は2010の利用を前提に進めます。2005以前の版は利用できません。


Copyright(c) 2011, Device Drivers Limited


株式会社デバイスドライバーズ
東京都府中市若松町1−5−1−103
info at devdrv.co.jp
Tel 042-363-8294
Fax 042-363-8299
戻る